2017年6月28日水曜日

お着替えirukaたん

目下irukaたんは量産前最終試作修正版7.1の準備を進めつつ、日本に引き取ってきた試作7.0は発売時のスペックを検討するためパーツをとっかえひっかえしながら試乗を繰り返しております。

引き取り時のirukaたんT7.0

お着替えしたirukaたんT7.0

どんなところを交換して試しているかというと、例えば、

クランクセット
52Tから58Tの軽量クランクセットに交換。トップギアのGD値(ペダル一回転で進む距離=チェーンリングの歯数÷リアコグの歯数×タイヤ周長)は6.2mから6.9mに。うん、これくらいは欲しいかな。

タイヤ
18インチ×1.50から1.25へ、シュワルベのコジャックというタイヤに履き替えてテスト。ソリッドで軽やかな乗り心地、これはいい!僕はかなり好みだけど、街乗りメインであれば太い方がいいという人も一定数いそう。継続検討。

ハンドルバー
540mmから520mmに。Amazonで長いのを買ってショップで切り詰めてもらった。さらに490mmまで短くしてみたけど、これはさすがに短かすぎた。510mmくらいがちょうどよさそう。

サドル
薄め軽めのものに交換。タイヤを細くするならサドルも薄めの方がダイレクトな走行感が際立つ感じ。タイヤとセットで考えよう。

などなど。

難しいのは、どのパーツを選ぶかによって、乗り味が変わるのみならず、重量とコストが変わってくること。
実は自転車においてフレームが総重量に占める割合というのは半分にも満たず、残りはタイヤやらサドルやらクランクやらといった交換可能なパーツ類なのですね。ひとつひとつは数十〜数百グラムですが、まとまると結構な重さになるわけです。
*一番重いのは1.68kgある内装変速ギアAlfine8Sです。

んで、一般的に自転車のパーツというのは総じて「軽かろう高かろう」「安かろう重かろう」の関係が成り立ちます。つまり軽さと価格はほぼトレードオフの関係にあると言ってよい。

irukaたんは転がして運べるとはいえ軽いに越したことはありませんが、だからといって軽いパーツばかり選ぶと原価がじわじわと上がり、結果として販売価格も上げざるをえなくなってしまいます。

性能・軽さ・価格のバランスを考えながら、引き続き検討していきます。

ていうか検討の名の元にパーツをあれこれ変えていじるのが楽しいw

--
冒頭の写真は自宅のすぐ近くの教会。すかし彫りのレリーフがきれい。


2017年6月20日火曜日

iruka T7.0


iruka試作7.0が完成し、このほど台湾から引き取ってきました。

本当は全景をお見せしたいですが、知財申請を検討している関係で横顔写真のみ公開します。


さ、irukaたん、ご挨拶なさい。

「こんにちは!irukaはシーンに合わせて4つの形態に姿を変える『モバイル変身自転車』です。いくつか自己アピールを。まず、よく走ります。車輪は小さいけど速いです。8段変速です。折りたたむと一般的な折りたたみ自転車より約30%小さくなって、キャリーカートのようにコロコロ転がってついていきます。他にもありますが、今日はこれくらいで。どうぞよろしく!」

今回はフレームを4セット作り、そのうちの1台を組み上げて持って帰りましたが、折りたたみ機構にいくつか改善点があったり、工場側のミスでトップチューブの断面角度が違っていたりしたため、修正版7.1をもう1台作った上で、量産に移りたいと思っています。

以下FAQ
・車輪径は18インチです
・左片持ちフロントフォークです
・変速機は内装Alfine 8Sです
・前後ディスクブレーキです
・台湾で作ります
・価格は20万円前後ですがパーツ選定や為替等によって上下数万円の幅がありえます(検討中)
・秋には量産を開始して年明けには発売したいと思っていますが、これまでも散々遅れてきたので確かなことは言えません

というわけで、続報を(あまり期待せず)待て!

--
冒頭の写真はテストライド中に立ち寄った根津神社。


2016年9月7日水曜日

iruka、故郷に帰る


7月にirukaの試作第五弾(T6)を台湾から引き取ってきた後、工業デザイナー角南さんとともに次の量産前最終試作(T7)に向けた変更点の検討を行っていました。

んで、大体まとまったので、8月末に台湾のOEM工場に打ち合わせに行ってきた。

工場は中部の南投市という街にあります。
マスコット犬、トトがお出迎え。


現物を見ながら「ここをこう変えようと思う」「いや、こうした方がいい」「こうか」「んだ」と話すのが早いので、iruka T6も日本から連れていきました。

生家に帰ってくつろいだ様子のirukaたん。
心なしかモザイクも薄いような。



iruka本体だけでなく、コンパクトトレーラーiruCart、脱着式リアキャリアiruCarryの製造についても話してきました。
いずれもクリティカルな点はクリアできたと思います。

帰国の日、フライトまで少々時間があったのでシェアサイクルUbikeで台北の街をひとっぱしり。


魯肉麺とマンゴーアイス食べて、



iruCartの試作にiruCarryの試作とリュックをくくりつけて帰ってきました。風呂敷最強。


さあ、T7の完成はいつだ!?

--
冒頭の写真はモロッコ、フェズの革なめし地区。


2016年8月30日火曜日

iruka T6レビュー 〜スリープモード編

以前も書きましたが、前職では職場のビルに駐輪場がなかったので、自転車通勤の際はDAHONヘリオスを折りたたんでオフィスに持ち込んでいました。

当初はオフィスにポツポツと空きスペースがあったので置き場所には困りませんでしたが、年に2倍のペースで人が増え続けていたので、スペースが足りなくなったらまずいなあと、結構気をもんでいました。

まあ最悪、自分の机の下に突っこめばいいだろう、そう思ってある日試してみたら、何と入りません。
机の高さは70cm、DAHONヘリオスの折りたたみ時の高さは65cm。ぱっと見は入りそうでしたが、机の天板と引出の厚みがある分だけ足りないのです。

というわけで、irukaは最初から一般的な事務机の下に入る折りたたみ形状・サイズにしようと考えていました。

高さ60cmを切ることを目標に設計を考え始めましたが、そのうち、どうせなら50cmを切りたいと思うようになりました。
というのも、新幹線は前の座席との間(座面前端から前席の背もたれまでの距離)が50cm強なので、折りたたみ時の高さが50cmを切り、厚みが30-40cm程度で縦置きが可能な形状であれば、足の間に置けるのです。

DAHONは車両の最後尾の席の裏にしか置くことができず、輪行のときはいつもホームで列車を待ちながら、自分が乗る車両の最後尾スペースを確保できるか、やきもきしていたものでした。
最後尾スペースは早い者勝ちなので、空いていなければ別の車両に移るか、デッキで立っているしかありません。
自分の座席に置ければ、もちろん窮屈ではありますし、お隣の席の乗客に気を遣うことにはなりますが、それでも輪行の心理的なハードルはだいぶ下がります。

18インチ×1.50のタイヤの直径が約43cmですから、折りたたみ時に車輪径内に車体がすべてほぼ収まっていれば、高さ50cmをクリアしていることになります。

その結果できたirukaのスリープモードがこちら。毎度モザイクですみません。



この写真ではサドルを引き抜いてしまっていますが、サドルを入れても、座面が車輪の上端よりほんの少し上に来るくらいに収まります。

というわけで、irukaスリープモード、高さ50cmを切っております。切っております。大事なことなので二回言いました。

--
冒頭の写真は安曇野にて。送電線と青空。グリッド。


2016年8月23日火曜日

iruka T6レビュー 〜ウォークモード編<後編>

前編より続く。

「前輪と後輪を平行かつ同軸上にフリーな状態で折りたたんで、転がして運べるようにする」

これがウォークモードの要件ですが、現バージョンの試作(T6)では、後輪が微妙に車体と干渉していて、うまく転がりません。

車輪がフリーな状態ということは、タイヤはもちろんのこと、タイヤと一体で動く箇所のすべて、リム、スポーク、フランジ、車軸、ブレーキローター(irukaはディスクブレーキなので)などが、折りたたんだときに他のどこにも触れていない必要があります。

・・・これが簡単ではないんですよ。

うまく転がってくれない人↓


車輪周りのスペースを広め広めにとって設計すれば無難ですが、逆に広くしすぎると今度は折りたたみサイズが大きくなってしまう。

つまりウォークモードとスリープモードの完成度は、ある程度トレードオフの関係にあるのです。

かといって、運びやすさと収納しやすさ、どちらも犠牲にするわけにはいきません。

折りたたみサイズはそのままに、少しでも車輪周りのマージンに余裕をもたせられるよう、最終試作に向けてミリ単位の微修正を行っています。

--
最終試作の打ち合わせのため、あさってからまた台湾に行きます。

--
冒頭の写真はモロッコの青い街、シャウエン。の夜。


2016年8月2日火曜日

iruka T6レビュー 〜ウォークモード編<前編>


前職の会社で、大手町ビルという、やたらめったら横に長いビルにいたことがあります。
通常は真ん中にエレベーターが集中しているビルが多いですが、大手町ビルは東西方向に200メートル近い長さがあったため、東側・中央・西側にそれぞれエレベーターがありました。

駐輪場がなかったので、自転車通勤時は自転車(DAHONヘリオス)をビルの入り口で折りたたみ、西側のエレベーターで9階まで上がって、西の端近くにある自分の席まで運んでいました。

朝はいいのですが、夜帰りが遅くなると大変でした。
というのは、夜10時を過ぎると西側と中央のエレベーターが止まってしまい、帰るためには西の端から東側のエレベーターホールまで、自転車を持ち上げて運ばなければならなかったのです。
DAHONヘリオスは重さ10kgジャストと、折りたたみ自転車としては非常に軽い部類に入りますが、持ち上げて100メートル以上歩くのは結構な負担で、「転がして運べたら楽なのになあ」と思っていたものでした。

セカンドバイクとして手に入れたブロンプトンには、転がし運搬用にキャスター(補助輪)が付いていましたが、キャスターの車輪径が小さいこと、ベアリングが入っていないこと(自転車の自重で車軸の摩擦が大きくなってしまう)から、どうもうまく転がりません。
スムーズに転がすためにカスタマイズでキャスターを大径化したりベアリング入りの車輪に付け替えたりするユーザーも多いのですが、どうもエレガントではないな、と思っていました。
だって、自転車には最初からベアリングが入った大きな車輪が、二つも付いているんですから。そう、前輪と後輪です。

そこでirukaは、設計のかなり早い段階から、前輪と後輪を平行かつ同軸上にフリーな状態で折りたたんで、キャスターがなくても転がして運べるようにしたいと考えていました。

それがirukaのウォークモードです。
こんな感じです。


ってモザイクだらけで何がなんだかわからないですよねw
まあ、大きさの感じと、サドルを持ち手として転がすことだけわかってもらえれば。

長くなったのでレビューは次回。

--
冒頭の写真はマラケシュの路地裏の猫。モロッコはどの街も猫が多い。猫だらけと言っても過言ではない。


2016年7月26日火曜日

iruka T6レビュー 〜ウェイトモード編


irukaとは・・・
優れた走行性能を備えながら、一般的な折りたたみ車より40%小さく折りたたむことができ、かつキャスターなしで転がして運べる「連れて歩く変身自転車」です。
シーンに合わせて①ランモード ②ウェイトモード ③ウォークモード ④スリープモードの4つの形態に姿を変え、ユーザーの移動能力を大きく拡張します。
もう少し詳しくはこちら

--
今回はウェイトモードのレビュー。

ウェイトモードというのは、後輪だけを折りたたんだ、駐輪時の形態です。
irukaにはキックスタンドが付いていませんが、リアフォークの前端が接地して支えになり、スタンドがなくても「お座り、待て」の姿勢で自立します。
全長が普通の自転車の半分くらいになるので、電柱と植え込みの間とか、ちょっとしたスキマ空間にも駐輪できます。

こんな感じ。
立った!irukaが立った!
毎度モザイク失礼します。


わかる人はわかると思いますが、ブロンプトンと同じ方式です。
最近ではTyrellのIVEも採用していますね。
ニュートンの言葉を借りて言えば、私たちは巨人の肩の上に立っているのです。

キックスタンドは便利ですが、駐輪するとき以外は無用な存在でしかないじゃないですか。
irukaは、走る・駐める・歩く・収納する、全ての機能をできる限り少ないパーツで実現したいのです。

同様に、折りたたみ時に転がして運ぶためにキャスター(補助輪)が付いた自転車もありますが、キックスタンドと同じくキャスターも転がすとき以外は不要です。
そこでirukaは、キャスターがなくても転がせるようにしたかったのです。前輪と後輪、二つも車輪が付いているのですから。それがirukaのウォークモードです。次回に続く。

--
冒頭の写真はマラケシュ旧市街の路地裏。めっちゃ迷路。